流行りのシェアハウスに投資をして確実に稼ごう

マンション

管理会社の仕事

賃貸マンションのオーナーにとって大事な存在がマンション管理会社です。マンション管理会社は、入居者管理や建物管理をしてくれます。マンション管理会社がしっかりしていれば、ほとんど何もしないで賃貸経営ができます。

若い世代に人気です

内観

利用者が増加しています

若い世代に高い人気となっている住宅のスタイルに、シェアハウスがあります。シェアハウスは一人で住宅を借りるのではなて、数人で同じ空間に住む住宅の事です。元からの友人同士が一緒に住むわけではなく、初めて顔を合わせる他人同士が住むというのがシェアハウスの大きな特徴です。シェアハウスはリビングやバスルーム、トイレなどは全員で利用するケースがほとんどです。ですから、家賃も安く借りる事が出来るので、金銭的に余裕の少ない若い世代には高い人気となっています。シェアハウスは投資物件としても高い人気となっています。不動産投資を行って賃貸経営を行う方が多くなっていますが、シェアハウスは借り手の付きやすい魅力的な物件なのです。

高い収益が魅力です

シェアハウスは一戸建て住宅を利用するケースが多くあります。そのため、一戸建て住宅に投資をして、多くの部屋を大人数でシェアしてもらう形になります。多くの人数が住む事が出来るシェアハウスですから、家賃収入も安定して得る事が出来るのが魅力です。シェアハウスは多くの方々が住んでいますから、アパートやマンションのように空室になってしまうリスクも少ないのです。また、リスク回避のためにサポート会社にアドバイスをもらうのもいいでしょう。会社によってはシェアハウスの投資に特化したサポートを行っているところもあるので、そこに相談してみるのもいいでしょう。サポート会社の種類が多すぎて選べないと感じる方は、比較サイトを参考にしてみるのもおすすめです。

男女

不動産投資の利回り確保

不動産投資の利回りを確保し空室率を下げるには、適正な家賃の設定が必要不可欠です。賃貸住宅の家賃を設定する方法として、周辺の家賃相場から決める比較法や、投資額と予定利回りから決める積算法などがあります。

ウーマン

家賃滞納対策の現状

家賃保証とは賃借人が家賃滞納をした際、賃借人に代わって家賃を支払うことで、その役割は従来は連帯保証人でしたが、現在は、それを業務とする会社が担うことが多くなっています。その理由は連帯保証人に相応しい身近な人が、あまりいないこと、また、連帯保証人に家賃保証をする能力がない場合があることが挙げられます。